ネットショップ 副業

副業でのネットショップの始め方とは?ステップ方式でご紹介します!

ネットショップ

副業でネットショップを運営してみたい。でもなんだか難しそうだしなあ。。。

上記のように実際にネットショップの運営に憧れるという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では副業でのネットショップの始め方をご紹介します。副業でネットショップを簡単に始める方法を学べる上に、ネットショップを始める際におすすめなASPカートについても学ぶことが可能です。

後半部分では副業でネットショップを始める際の注意点も合わせて記載しています。

これから副業としてネットショップの運営を考えている方は、1つずつしっかりと確認していきましょう。

今副業でネットショップを始めるべき理由とは?

 

最近では副業の注目度が高まり、会社員の場合何か1つ副業を始めたいと考えることもあるでしょう。そこで今、ネットショップ運営を副業として始める理由としては下記の3つが挙げられます。

  • ECサイトの市場が伸びているから
  • 隙間時間でも作業が可能だから
  • マーケティングの知識やスキルを高めることができるから

市場自体が伸びており、実際にマーケティングのスキルや知識も付けられるので、ネットショップを副業で始めるメリットは大きいです!

ECサイトの市場が伸びているから

経済産業省による2020年の「電子商取引に関する市場調査」では、EC市場が右肩上がりで成長していることが報告されています。

出典ー「電子商取引に関する市場調査

2010年から2019年に至るまで4%近くのEC化率の向上が見られる上に、市場規模自体も成長し続けているので、今後もEC市場の規模は伸び続けていくことが予想されます。

EC市場は成長性が高い市場なので、副業として参入していく価値は高いと言えます!

隙間時間でも作業が可能だから

ネットショップ運営は隙間時間にも作業を進めていくことができるため、本業がある方でも無理なく続けていくことが可能です。商品の仕入れ、集客など行うことは様々ですが長く作業することもないので効率よく副業として継続できます。

市場のチェックやSNSなどでの集客は、電車での移動時間と言った隙間時間などでも作業がしやすいです。そのため効率的に時間を使って副業をしたいという方にとって、ネットショップ運営は最適と言えるでしょう。

他の副業と違って作業時間がそこまで長くないというも大きなメリットですね!

マーケティングの知識やスキルを高めることができるから

副業としてネットショップを運営することで、マーケティングの知識やスキルを高めることができます。マーケティングの知識やスキルは本業においても活かしやすいので、本業におけるアピールポイントとしても有効です。

また将来的に企業でマーケティング部に属したいと考えている場合は、なおさら始めるメリットが大きいです。副業におけるネットショップの運営で身に付けた知識を活かすことができるので、さらに仕事の効率を高めることができます。

副業で得た知識を本業でも活かせれば、社内でより評価されるようになり収入のアップにつながる場合もあります!

副業でネットショップを運営開始する4つのステップ

 

副業でネットショップを始める際はしっかりと段取りを理解して始めることが大切。適当に運営を始めてしまうと失敗してしまうキッカケになるので注意が必要です。

ネットショップ運営の副業は下記の4つのステップで始めると効率的です。

  • ネットショップのコンセプトを考える
  • ターゲット選定を元に扱う商材を決定する
  • 利用するECサービスを選択する
  • 開業届を提出する

いずれもネットショップ運営の副業に欠かせない手順なので、細かく確認していきましょう。

ネットショップの副業で成功したいのであれば、お店のコンセプトやターゲット選定は特に大切です!

ネットショップのコンセプトを考える

まずはネットショップのコンセプトを細かく考えていきましょう。お店のコンセプトを考える場合は、お客様に何を提供するためにショップを運営していくのか考えることが大切です。

例えばファッションを販売する場合は、それぞれの商品を通して「使いやすく低価格のファッション」を提供するのか「見栄え重視の高級路線のファッション」を提供するかでも変わります。価格やショップのデザインにも大きく影響してくるでしょう。

そのため自分のネットショップのコンセプトは、あらかじめ明確にしておきましょう。

ネットショップを開設する前にコンセプトがあやふやだと、お客様から見ても方向性のハッキリしないお店になるので注意が必要です!

ターゲット選定を元に扱う商材を決定する

お店のジャンルターゲットを細かく選定していきましょう。ターゲットを細かく決めることで、ネットショップ運営の計画が練りやすくなる上に、商品販売の戦略も立てることができます。

例えば前項で例に挙げた「使いやすく低価格のファッション」をコンセプトにターゲットを選定してみましょう。その場合のターゲットを「40~50代の主婦」とすると、実用性があり料金を抑えられた商品が想定できます。

コンセプトやターゲットを細かく選定できると、自然と自分のネットショップで売るべき商品の像も浮かんできます!

利用するASPカートを選択する

一通り自分のネットショップに関するイメージを構築した後は、利用するASPカートを選択していきましょう。ASPカートに登録すると自分で0からECサイトを構築する必要が無い上に、便利な機能をすぐに使うことができるので非常に便利です。

利用するASPカートによっては月額費用0円から始められるサービスもあれば、本格的なマーケティング機能を備えているサービスもあります。そのため自分に合ったASPカートを選んで、より効率の良いネットショップ運営を目指しましょう。

おすすめのASPカートは次の見出しにて解説しています!

開業届を提出する

副業でネットショップを開設した後は、1ヶ月以内に税務署に開業届を出しましょう。事業を開始した場合は副業だとしても提出する義務があります。

まずは「個人事業の開業・廃業等届出書」を国税庁のWebサイトからダウンロードします。記入や捺印を済ませたら、最寄りの税務署で提出を行いましょう。手続き自体は1時間もかからないで済むことが多いので負担もかからず安心です。

本業が忙しく、開業届を出し忘れてしまうこともあるかもしれませんが、継続的なネットショップの運営には必須です。忘れないように提出しましょう!

副業でネットショップをするならコレ!おすすめのASPカート4選

 

副業でネットショップを始める際にはASPカートが非常に便利です。そこで今回は国内においても特に人気のあるASPカートについて詳しくご紹介します。

いずれも初心者の方でも使いやすいASPカートになっているのが特徴です!それぞれのASPカートのメリットも記載しているのでご参考にしてください!

BASE

 

BASEは初期費用、月額費用0円で利用開始できるASPカートです。その上アカウントを解説したその日から運営開始できるのも魅力となります。

副業初心者の方でも手軽にショップを開設することができる上に、国内での知名度も高いので集客力に優れているのもメリットとなります。

各種手段の決済手数料:3.6%+40円

サービス利用料:3%

STORES

 

STORESはシンプルで使いやすいASPカートとなります。シンプルで使いやすいだけではなく、様々なデザインのテンプレートが揃っているので自分に合ったショップを開くことが可能です。

STORESもまた、0円でネットショップを運営開始をすることが可能です。有料でのスタンダードプランに切り替えると、決済手数料がフリープランの5%から3.6%に軽減されます。さらにアクセス解析や、決済手段のカスタマイズもできるためデメリットが大きいです。

【フリープラン】月額料金:0円 決済手数料:5%

【スタンダードプラン】月額料金:1,980円 決済手数料:3.6%

カラーミーショップ

 

カラーミーショップはネットショップ初心者でも安心して使えるASPカートです。フリープランから使える上に80種類のテンプレートが存在しているので、自分好みのネットショップの運営が可能になります。

決済手段も申請してから最短翌日に審査が完了するので、ショップを開設した後にスムーズに運営の開始が可能になります。またクレジットカードやコンビニ支払いにも対応しているため非常に便利です。

【フリー】月額0円 登録画像数~4枚/1商品
【レギュラー】月額3,300円 登録画像数~50枚/1商品
【ラージ】7,945円 登録画像数~50枚/1商品

Shopify

 

Shopifyあらゆる画面サイズに対応しており、モバイルやPCでも見やすい設計になっています。また70種類以上のテーマからデザインを選べるためデザイン性が高いのも魅力です。

さらに売上の分析に欠かせないダッシュボードも充実している上に、自動マーケティング機能も備わっています。そのためデータ分析やマーケティングを本格的に行いたいという方におすすなASPカートと言えるでしょう。

Shopifyはフリープランはありませんがその分、他のASPカートにはないマーケティング機能の高さが特徴的です。

【ベーシック】月額29ドル(約3,200円)
【スタンダード】月額79ドル(約8,600円)
【プレミアム】月額299ドル(約32,000円)
【プラス】月額2,000ドル(約218,000円)

副業でネットショップを運営する際の注意点

 

副業でのネットショップ運営は楽しい上に、在宅で行えるのでメリットが大きいです。ただ、その分副業として続けていく場合には、下記のように注意すべきポイントがいくつか存在するので注意しましょう。

  • 確定申告を忘れないようにする
  • 「特定商取引法に基づく表示」は徹底する
  • 商品説明の表現は注意する
  • 輸入品を仕入れる場合はコストを確認する

いずれも副業でネットショップ運営を行う際に必要な注意点ばかりです。そのためこれから本格的にネットショップ運営を始めようと考えている場合は必ず確認してください!

確定申告を忘れないようにする

ネットショップ運営の副業を続ける場合は確定申告を忘れないようにしましょう。1年間で20万円以上の利益を副業で出した場合は、確定申告が義務付けられています。本業の会社でもらう「給与所得」とは違い、ネットショップの収入は「雑所得」に当たるので注意が必要です。

確定申告と言えば、難しそうなイメージを抱く方もいらっしゃるでしょうが、マネーフォワード クラウド確定申告」という確定申告ソフトを使うとスムーズに済みます。

確定申告ソフトを使うと、自分の銀行口座と連携できるので確定申告の手間が一気に省けるためおすすめです!

「特定商取引法に基づく表示」は徹底する

副業とはいえネットショップを始めるのであれば事業者です。明記事項、そして手続きを忘れてしまうとトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。

そこで特に重要なのが消費者の利益を守るための法律である「特定商取引法に基づく表記」です。事業者は「特定商取引法に基づく表記」を記載することが求められます。

そのため一例になりますが、自分のネットショップには下記の事項を明記するようにしましょう。

  • 販売事業者名
  • 代表事業者名
  • 事業者所在地
  • 事業者電話番号
  • 対応可能時間
  • 事業者のメールアドレス
  • 商品のお支払方法
  • 商品の返品・交換・キャンセルについて

明記を忘れてしまうと、取り返しのつかないトラブルになる可能性もあるので必ず忘れないようにしましょう!

商品説明の表現は注意する

ネットショップ運営を副業で開始する場合は、商品説明の表現に最大限注意する必要があります。というのも効能や機能などを偽って記載してしまうと、お客様からのクレームやトラブルに繋がるからです。

そのため存在しない効能や機能などを記載して販売するのは厳禁です。最悪の場合、訴訟などに繋がる恐れもあるので細かいところまで確認して運営していきましょう。

詐欺に当たるような商品説明をしてしまうと、イメージが一気に悪くなるので注意しましょう!

輸入品を仕入れる場合はコストを確認する

輸入品を仕入れる場合は国内仕入れよりもコストを安くするため、下記のポイントを必ず確認しましょう。

  • 商品自体の価格
  • 掛かる送料
  • 関税の詳細
  • 保険料

これらのポイントを確認しておかないと、国内仕入れよりもコストがかかってしまう場合があり得ます。商品自体の価格以外にも料金があるので細かく確認しましょう。

仕入れに関するコストを減らすためにも細かいチェックは怠らないようにしましょう!

まとめ

 

今回の記事ではネットショップ運営を副業として始める方法をご紹介しました。ネットショップを始める際のメリットや、具体的な始め方に関しても分かりやすく記載しています。

そこで今回の記事を簡単にまとめます。

  • 近年EC市場は伸びている上に、隙間時間でも作業ができるため副業にネットショップ運営は最適。
  • ネットショップを運営する際には開業届の申請が必須
  • ASPカートにはそれぞれ特徴があるので自分に合ったものを選ぶ
  • 「特定商取引法に基づく表示」や商品説明の記載は細かく確認する

ネットショップは副業として始めることで、隙間時間の活用やマーケティングスキルの向上に繋がります。楽しく働ける副業なので、今回の記事を参考にネットショップ運営を始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました